山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃
山一 | 自在のお櫃

山一

山一 | 自在のお櫃

セール価格¥25,300

税込

在庫あり
数量:

> LINEで問い合わせる

友だち追加

 

自在のお櫃

松田美智子の自在道具シリーズ

小ぶりで扱いやすい
木曽さわらのお櫃

 

食卓で使いやすい小ぶりの2合サイズ。 実際はもう少し多めに入れることができるため、 ご家族の人数や食事の量に合わせて 調整いただけます。

料理家、松田美智子さんプロデュースの 木曽のさわらで作った自在のお櫃です。
底のフチ部分が丸みを帯びているため、お米がよそいやすい形状になっています。

 

 

point 01
お櫃に移すことで炊き立てのご飯の旨みが倍増

山一 自在のお櫃

山一のお櫃は、国産の木曽椹(さわら)を使用。白米は、水分を表面にまとった状態で炊き上がります。そのままお茶碗に移してしまうと、ご飯の表面についた水分が逃げてしまい、風味や旨みを損なう原因となってしまいます。 そこでお茶碗に盛る前に一度お櫃に移すと、炊きあがったご飯の水分が中へと吸収され、ふっくらとしたご飯に仕上がりに。旨みも凝縮されるので、お米本来の甘みを堪能することができますよ。

 

 

point 02
銅のねじり箍(たが)で固定した頑丈な仕上がりのお櫃

山一 自在のお櫃

銅のねじり箍(たが)がポイントのお櫃は、現代の家庭に合わせた2合分のコンパクトな仕様のお櫃。作家のオリジナル技術によって、内側の底面と側板の境目を曲面に仕上げており、しゃもじでご飯を掬いやすいよう設計されています。 またご飯の掬いやすさに加えて、角をなくすことで洗いやすさも追求しています。黒ずみやカビも防いでくれる構造をしているので、初心者でも非常に使いやすいお櫃です。

 

 

point 03
信州木曽産の樹齢200年以上のさわらを使用

山一 自在のお櫃

さわらが使われるのには理由があります。

 

1.吸水性がいい
炊き立てのすしご飯の余分な水分を吸ってサラッと仕上がります。

 

2.通気性がよく保温力が高い
味を落とすことなく、長時間おいしく保ちます。

 

3.耐水湿性・耐酸性が高い
耐久性が高いので、長くお使いいただけます。

 

また、さわらは香りが控えめなので、ごはんににおいが移る心配がありません。 特に長野県木曽のさわらは江戸時代から桶職人の間で、飯台とお櫃に最適と定評があります。

 

 

<製品情報>

[サイズ]
蓋:約φ195×H33mm
蓋内寸:約φ183×H30mm
本体:約φ177×H123mm
本体内寸:約φ167×H103mm
蓋を閉じたときの高さ:約H132mm

[重さ]
蓋:約170g
本体:約260g

[容量]
約3合
※適量:2合

[その他]
素材:天然木(木曽さわら) / 箍(たが):銅
生産地:長野県木曽郡
食器洗浄機:× 乾燥機:×

 

[備考]
・使い始めは、よく絞った濡れ布巾で桶の内側を拭いてから使用して下さい。
・電子レンジ・食器洗い乾燥機のご使用は破損や変形の原因になります。
・ビニール袋やポリ袋での保管はカビや木の天然樹脂の発生の原因になります。紙か綿布に包んで保管して下さい。
・山一の商品は天然の木材を使用しているため、ひとつひとつ風合いや見え方に違いがあります。

 

【お櫃を使い始める前に】

1. 米の研ぎ汁を桶いっぱいに入れてください。
2. 1回目の研ぎ汁で桶がいっぱいにならない場合は2回目、3回目の研ぎ汁を足してください。
3. 研ぎ汁がいっぱいになったら、そのまま3時間程度放置してください。
4. 3時間経過後は、水洗いして日陰干しで充分に乾燥させてください。

※お櫃は水入れ桶ではありませんので、水が漏れる場合があります。米の研ぎ汁を入れてアク抜きをする場合は、流し台のシンク等水漏れしても問題のない場所で行ってください。
※この方法でかなりの匂い抜きができます。多少の匂いが気になっても、ご使用の度に徐々に天然の木の香りは弱まっていきますので、これ以外の匂い抜きの方法はおやめください。
※お買い上げ後、すぐにご使用にならない場合でも、この方法でアク抜き・匂い抜きの作業をしてから保管してください。

 

【お手入れ方法】

・使用前
桶の内側をよく絞った濡れ布巾で拭き上げてください。

・使用後
水洗い:合成洗剤を使わず、粉状のクレンザーか塩を使い、桶の内側外側を丁寧に洗ってください。銅のたがの部分は、クレンザーを使って磨いてください。洗浄後、桶の内側に消毒用アルコール(エタノール)を霧吹きしておきますと、黒ずみやカビの発生を抑制できます。
乾燥:風通しの良いところで充分に日陰干ししてください。直射日光に当てますと、急激な乾燥で木が縮みタガがはずれてしまう恐れがあります。また、タガはずれ、木の割れ、反りの原因になりますので、食器乾燥機でのご使用は絶対におやめください。 保管:直接空気に触れさせないために、紙か綿布などに包んで保管してください。保管場所は温度変化が少なく湿気のない所が最適です。
お櫃は蓋が閉まったまま保管しますと、木ヤニ(天然樹脂)を発生させてしまいますので、蓋を開けた状態で綿布に包んで保管してください。

 

【木ヤニ(天然樹脂)について】

木質や天候・保管条件によっては、天然木特有の「ヤニ」が発生することがあります。これは木の天然樹脂で、木肌ににじみでる粘着性の樹液です。ヤニは木曽さわら特有の芳香の素にもなっていますが、ベトベトした肌触りが気になるあ場合は消毒用アルコール(エタノール)で拭き取ってください。なお、人体へは無害です。

山一ロゴ

■山一(やまいち)とは
木曽の良質な原木を利用し、昔ながらの伝統的な木製品から、現代的な木のクラフト製品まで幅広く製造しています。

 

 

#山一     #キッチン用品   #暮らしの道具  

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

ご注文方法

ご注文方法

お支払い・送料について

お支払い・送料について